上里町 ホーム メニューをスキップ

観光ガイド

上里サービスエリア

「上里サービスエリア周辺地区整備事業では、産業団地や農業振興に係る施設整備を行い、企業誘致による工業振興や農業支援による地域活性化を推進しています。なお、関越自動車道、上信越自動車道などのジャンクションに近接している立地条件を活かし、上里サービスエリアに(仮称)上里スマートインターチェンジが平成27年12月に供用予定です。

みちくさの道(ほたるの里)

平成8年御陣場川の廃川敷を利用し、みちくさの道として整備されました。小川には清流が流れ、7月には「ほたる」が飛び交います。周辺には枝垂れ桜などが植裁され住民のいこいの場として人気を呼んでいます。

浅間山古墳

地理的に恵まれた上里町のあたりは、遺跡から出土した様々な土器の豊富さから、当時としては、比較的豊かな生活を送っていたことがうかがえます。
古墳時代後期(六世紀)になると、上里町全域に大規模な集落が営まれました。上里町の数々の古墳はこの頃造営されました。浅間山古墳はそれから少し遅れた七世紀前半につくられました。

金窪城跡

金窪城は、治承年間(1177〜80)に加治屋治が築城し、天正10年(1582)の神流川の合戦で落城後、川窪氏が城主となり、丹波に転封する元禄11年(1698)に廃城となりました。土塁や堀の後が一部に残り、往時を忍ばせています。

陽雲寺の鐘楼

昭和20年(1945)国の重要美術品に認定。竜頭は普通と異なって朝鮮式の上向きです。撞屋上の四方たすきに仏像を彫刻し、また駒爪には蓮弁をあらわしています。高さ1.77m、直径1m、厚さ0.12mで朝鮮式の銅鐘は県下でもまれなものです。

つぎへもどる